改修工事の施工例を部位ごとに掲載しています

外壁改修・リフォーム/外壁改修の施工例 - 部位別

施工の参考としてご覧下さい

部位ごとの施工例を掲載しています。

適切な時期に改修工事を行うことで外観をいつまでもきれいに保てるばかりでなく、事故を未然に防ぐことができます。

<屋上>

屋上は建物の全体で一番風雨にさらされやすい箇所です。経年とともに、膨れ・ひび割れなどの劣化症状が現れ、雨漏りや建物自体の劣化につながります。10年から15年の周期での改修工事をお奨めいたします。

屋上改修工事前

<施工前>

屋上改修工事後

<施工後>

<バルコニー>

常に人の出入りするバルコニーでは、短い工期・臭気の少ない工法で、住民の方に負担の少ない工法をご提案いたします。

バルコニー改修工事前

<施工前>

バルコニー改修工事後

<施工後>

<共用廊下>

開放廊下は常に風雨にさらされ、人の出入りも多い箇所です。住民の方に負担の少ない工法をご提案いたします。

共用廊下改修工事前

<施工前>

共用廊下改修工事後

<施工後>

<鉄部塗装(玄関・手摺り等)>

鉄部は風雨や経年によって、サビや塗装の剥がれが起こり、劣化がよく目立ちます。5〜6年の周期での改修工事をお奨めいたします。

鉄部塗装工事前

<施工前>

鉄部塗装工事後

<施工後>

<外壁塗装工事>

塗装工事は、美観の役割だけでなく、建物を保護する役割も持っております。塗装の劣化が雨漏りや躯体の劣化につながる可能性もあります。10年〜12年周期での塗り替えをお奨めいたします。

外壁塗装工事前

<施工前>

外壁塗装工事後

<施工後>

まずはご相談下さい

改修工事に関するご相談をお待ちしています。

どんな些細なご相談でも結構です。スタッフ一同、ご連絡を心よりお待ちしております。

九州・福岡・北九州の土地活用に関するご相談はこちら/宮田建設株式会社 資産運用部/福岡県北九州市八幡西区則松4−3−10
電話: 093−602−8818
メールでのお問い合わせはこちら