建設工事保険

Construction work insurance

建設工事保険

建設工事保険とは?

建設工事保険とは、建築工事の着工から完成・引渡までの間に建築現場での建築対象物件に生じた不測かつ突発的な事故による損害を補償するものです。

弊社は「建設中の地震」に対応する建設工事保険に加入しておりますので、新築工事中の地震・噴火・津波・液状化、地震を原因とする火災の損害が補償されます。

支払われる保険金
損害額から自己負担額(100万円)を控除し、縮小割合80%を乗じた額が支払われます。
※自己負担額100万円はそれぞれの対象工事ごとに1回の事故につき適用されます。
※この補償制度全体での総支払限度額は10億円となります。

 

Copyright(C)MIYATA CONSTRUCTION KK.