ZEH-M(ゼッチ・マンション)

ZEH-M

ゼッチ・マンション

About ZEH-M

ZEH-M(ゼッチ・マンション)について

「省エネ」と「創エネ」でZEHに対応した集合住宅

ZEHに係わる2030年の政策目標において集合住宅が位置付けられたことを受け、当社においてもZEH-Mの普及促進の実現に向け、環境配慮型の集合住宅のマンション開発に段階的に取り組んで参ります。

ZEH-Mは建物の階層や規模による問題(階層が高くなれば戸数に対して太陽光パネルの設置が不足する)を考慮して、省エネ率などにより、創エネ含め省エネ率100%の「ZEH-M」、省エネ率75%の「Nearly ZEH-M」、省エネ率50%の「ZEH-M Ready」、創エネの規定なしの「ZEH-M Oriented」の4種類に分けられます。

住棟での評価 住戸での評価 住棟での評価におかける目指すべき水準
断熱性能
全住戸で以下を達成
省エネ率
共用部を含む住棟全体で以下を達成
断熱性能
※当該住戸で以下を達成
省エネ率
※当該住戸で以下を達成
再エネ除く 再エネ含む 再エネ除く 再エネ含む
『ZEH-M』 強化外皮基準
(ZEH基準)
20% 100%以上 『ZEH』 強化外皮基準
(ZEH基準)
20% 100%以上 1~3階建
Nearly ZEH-M 75%以上
100%未満
Nearly ZEH 75%以上
100%未満
ZEH-M Ready 50%以上
75%未満
ZEH Ready 50%以上
75%未満
4~5階建
ZEH-M Oriented 再エネの導入
は必要ない
Nearly ZEH 再エネの導入
は必要なし
6階建以上

マンションをZEH化する方法と手段

ZEH化のためには、使用するエネルギーを減らす(効率よく使用する)ことが前提となり、まずは給湯や冷暖房のエネルギーを削減することが大きな方法となります。具体的には「高効率な給湯システム」や「高効率なエアコン」を導入し、それらをさらに効率よく利用するために、高機能な建材、窓ガラスやサッシで断熱性を高めます。さらに、太陽光パネルや燃料電池を設置し、エネルギーの自給自足をおこない、「省エネ」と「創エネ」を組み合わせてZEH化を実現します。

省エネ 高断熱仕様素材(外壁、屋根、床、天井)/アルミ樹脂複合サッシ/アルゴンガス封入Low-E複層ガラス/LED照明/高断熱浴槽/節湯水栓(キッチン、洗面化粧台、浴室シャワー)/温水式床暖房(リビング、ダイニング、キッチン)/HEMSモニター(ホームエネルギーマネジメントシステム)
創エネ 太陽光発電システム
省エネ・創エネ 高効率給湯システム/燃料電池

意外と低い九州のZEH普及率

日本人の多くは、日本は省エネ先進国だと思っている方が多いようですが、実は諸外国から見ると決してそうではありません。実際に日本の住宅の省エネ性能や断熱、気密性能については、先進国の中でも低い水準にとどまっています。

また、日本の中では比較的暖かいイメージのある九州地区ですが実は朝晩の寒暖差が大きくなることもあり寒さが厳しい北国に比べると住宅の省エネ性能や断熱、気密性能が十分とは言えません。

宮田建設ではZEHが推進される以前から、全ての住宅に対し、環境と人にやさしい省エネ・創エネ住宅を提案しています。

宮田建設のZEH-M取組計画

私たち宮田建設株式会社は、「人と自然との共生」をテーマに、50年以上にわたり福岡県並びに北九州市を中心とした建築業を営んで参りました。

2016年からはBELS普及の取組に協力する条件を満たす「BELS工務店」として、ZEH対応住宅の普及に取り組み、住宅に比べて遅れを取っていた集合住宅のZEH化を2021年より北九州市八幡西区に計画し、2023年の完成に向けてプロジェクトをスタートしています。

2020年 北九州市八幡西区に賃貸型ZEH-Mの建設計画
2021年~2022年 プロジェクトスタート
2023年2月(予定) 着工
2023年秋(予定) 完成
2024年~2025年(予定) 福岡県内にてZEHマンション2棟の開発プロジェクト計画あり

ZEH-Mに関するお問い合わせ

電話番号

093-602-8818

メールフォーム

宮田建設はお客様からお預かりした情報を大切に取り扱います。お問い合わせフォームをご利用の前に、必ず弊社の掲げる 個人情報保護方針 をご一読いただき、納得された上でご利用ください。

お問い合わせ内容(必須)
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
ご希望の連絡方法(必須)

 

Copyright(C)MIYATA CONSTRUCTION KK.